CONCEPT


ブランドネーミング
    ※「オーバーレイ」とは、アメリカ大陸最古の原住民と言われるホピ族のジュエリー。
      2枚のシルバーお張り合わせて作る技法の事。
ブランドコンセプト Guys with attitude 奴らは、己の信念を持っている
商品コンセプト More Hand More Wild 重厚な存在感と深み
Silver History
銀は、紀元前3,000年代の銀製の工芸品が発見される程、古くから人々に用いられた長い 歴史があり、また、銀は淡く白く輝く印象から「純粋」「神聖」の象徴と考えられていま した。銀には神聖で神秘的なイメージがありますので、銀は月の力を集めると言われ、長 い間人々から愛され続けてきました。
銀が一般の人々に広まったのは15世紀頃で、アメリカ大陸で純度の高い銀が大量に採掘さ れ、シルバーアクセサリーを身に付けるようになりました。

Silver 925
まず925という数字についてですが、この数字はその金属の純度を表します。1000を最 高とする表し方で、92.5%の銀が含まれていると言う事です。残りの7.5%は何が入っているのかと言うと、大抵の場合は銅などが混ぜてあります。
なぜ、純銀(100%)を使用しないのかと言うと、純銀をアクセサリーなどの日常に使う ものに使用すると、大変キズが付き易く変形を起こし易いので、そのような使用にも耐え る事ができ、純度を高く保つのに程良い純度が925であると言われています。ゴールドを みてもお分かりのように、ジュエリーなどに18金を使用して24金を使用しないのは同じ理由があるからです。
また、STERLING SILVER(スターリングシルバー)とは925の別名であり、他の純度のシルバーはそのような別名はありません。銀製品には800・900・925・1000の純度の物 があり、銀の歴史が古い欧米では大抵925が使用されています。

銀の注意点お手入れについて
銀には特有の性質があり、久々に出してみると輝きがなくなっていたり、温泉などに浸かると黒くなってしまうことがあります。これは硫化(りゅうか)と言う現象で、硫黄や水素などに銀が反応して硫化銀と言う物質を作り、それが表面に付着しているためで、決し て鉄のように酸素と結合して酸化している訳ではありません。よって、表面を磨く事により元通りの輝きが戻ります。
一般的には、ジュエリーショップ・シルバーショップなどで販売されている専用の磨き布を使うと簡単に綺麗にできます。また、付けるだけですぐ綺麗になる溶剤なども販売されていますが、石の付いた物や黒い部分があるデザインの物には注意して使用してくださ い。
もちろん、当ブランドのシルバーデコレーションは、全てに銀をそのまま使用しておりますので、たまには磨いてあげてください。そうする事でシルバーに対する愛着も湧くので はないでしょうか!